まるで、白と黒という正反対の色なのに見事に混ざり合う

「リーガルハイ」は、最初は単なる弁護士ドラマだと思っていたんです。ですが内容は想像とは少し違いました。

対称的なキャラクター

堺雅人さん演じる古美門研介と、新垣結衣さん演じる黛真知子のコンビが本当に楽しかったです。

勝つためには手段を選ばない古美門と、そんな古美門を尊敬している黛のまさに水と油のような関係なのに、なぜか息がピッタリ合うというのが、面白かっです。

予想外の展開

ドラマを見ていて一番驚いたのは、なんといっても羽生の豹変でした。彼は古美門とは対称的な平和主義だったはずなんです。

正々堂々と事件を解決するという事に意義を見いだしていたはずの彼が、連敗続きだった事に苛立ち、勝つことの為ならなんでもするようになってしまうという、かなり驚きの変貌を遂げてしまうのです。

なんか、どんな良い人にも本性みたいなものがあるんだと思ってしまいました。

堺雅人さんの凄さ

何よりも凄いと思ったのは、堺雅人さんの器用さです。古美門のようなキャラクターは、かなり難しいと思うんです。

弁護士でありながら、正義感がとてつもなく強い訳でもなく、どちらかというとダークヒーロー的に表現されてしまいがちなのに、堺雅人さんが演じると、途端に可愛いキャラクターに見えてくるんです。

本来ならムカつくような性格なのに、どこか許してしまうという。そういうキャラクターになったのは、堺雅人さんの役に対する熱心さだと思います。

今までとは違う弁護士像

弁護士というと、正義の味方というイメージが今まであったとは思うのですが、そうじゃないんだという事を感じたドラマでもありました。

そして、人間的にはかなり問題はありますが、弁護士としての才能はとてつもないものがあるという感覚は、黛と同じかもしれません。

実際、ああいう弁護士さんがいたら、かなり困ると思うんですが、ドラマとしてはとても見応えがありましたし、面白かったなと思います。あの早口は聞いているだけで圧倒されます。

動画配信サービスで視聴したい方は、こちらの記事がわかりやすかったです。

ホリディラブ、綿密に練られたスト―リー・セリフにハマります。

現在放映中のドラマ、ホリディラブ。単身赴任の夫・純平(塚本高史さん)が赴任先で浮気をしてしまところからお話は始まります。

奥さんの安寿役は仲里依紗さん。でも、その浮気が浮気相手、リナ役の松本まりかさんによって綿密に立てられた計画だった。

この浮気相手夫婦がもうすべてが凄いです。リナの夫、渉役の中村倫也さんも恐怖です。笑。

演技力について

とにかく、このリナが女性が一番嫌いな女性のオンパレードというか、完璧系というか、アニメ声、あざとい、男好きする徹底的に計算された髪型・しぐさ・服装、性格極悪。物凄い演技力です。

こんな女性にかかったら、大抵の男性はイチコロですよ。夫役の渉さんもキレてます。物凄い夫婦で目が離せません。

それだけじゃなく、仲里依紗さん演じる安寿の言動の一つ一つが、過去に夫に浮気された経験のある妻なら、本当に理解できるんです。もう何度も何度も放映中頷いてしまう。

何と言っても、同じく夫に浮気され離婚した経験のある実姉の忠告がこれまた「そうそう!」と納得できるものでした。許すつもりがあるなら、その時期を見誤るな。

あらすじ

浮気男の、浮気した後の習性というかを、実に上手くつかんでる助言です。ところが、安寿がその夫を許すキッカケとなったのが、残念ながら自分自身の不倫未遂でした。(一線は超えてない、途中で悟って止めたのだから、未遂だと思います。)彼女自身、不倫しそうになって、夫の気持ちに気がついたという訳なのですが、可哀そうな事に、これも計画された罠だった訳でした・・・。

彼女はこの不倫未遂で、誰しも、結婚していても、夫や妻以外の人に惹かれる事があるという事が分かったという事ですが、個人的には、安寿は夫に浮気されてボロボロの時の看コロ状態、しかも仕組まれた事だったので、状況は全く違うと思います。

旦那の浮気と本当は同系列じゃないと思うんですが、旦那を許す気持ちになれたのなら、まあ、正解・・・だと思ったものの、これでまたさらにぐちゃぐちゃになってます。涙。

それにしても、男性というのは勝手なんですよね・・・。汗。自分は浮気して許してもらったのに、妻の浮気(未遂)には寛大になれないなんて。大汗。

しかも自分が先にしたのに、何なのでしょう。汗。という訳で、このドラマの面白い点は、ただの不倫恋愛ものではなく、サスペンス、謎解き、キワモノのドロドロまで盛り沢山の内容だという事。

スト―リーの影に一杯陰謀が仕組まれています。もうすっかりどっぷりハマりきってます。毎週、翌週が楽しみなドラマというのはそうそうありませんから、貴重です。最後の最後まで目が離せません。