ホリディラブ、綿密に練られたスト―リー・セリフにハマります。

現在放映中のドラマ、ホリディラブ。単身赴任の夫・純平(塚本高史さん)が赴任先で浮気をしてしまところからお話は始まります。

奥さんの安寿役は仲里依紗さん。でも、その浮気が浮気相手、リナ役の松本まりかさんによって綿密に立てられた計画だった。

この浮気相手夫婦がもうすべてが凄いです。リナの夫、渉役の中村倫也さんも恐怖です。笑。

演技力について

とにかく、このリナが女性が一番嫌いな女性のオンパレードというか、完璧系というか、アニメ声、あざとい、男好きする徹底的に計算された髪型・しぐさ・服装、性格極悪。物凄い演技力です。

こんな女性にかかったら、大抵の男性はイチコロですよ。夫役の渉さんもキレてます。物凄い夫婦で目が離せません。

それだけじゃなく、仲里依紗さん演じる安寿の言動の一つ一つが、過去に夫に浮気された経験のある妻なら、本当に理解できるんです。もう何度も何度も放映中頷いてしまう。

何と言っても、同じく夫に浮気され離婚した経験のある実姉の忠告がこれまた「そうそう!」と納得できるものでした。許すつもりがあるなら、その時期を見誤るな。

あらすじ

浮気男の、浮気した後の習性というかを、実に上手くつかんでる助言です。ところが、安寿がその夫を許すキッカケとなったのが、残念ながら自分自身の不倫未遂でした。(一線は超えてない、途中で悟って止めたのだから、未遂だと思います。)彼女自身、不倫しそうになって、夫の気持ちに気がついたという訳なのですが、可哀そうな事に、これも計画された罠だった訳でした・・・。

彼女はこの不倫未遂で、誰しも、結婚していても、夫や妻以外の人に惹かれる事があるという事が分かったという事ですが、個人的には、安寿は夫に浮気されてボロボロの時の看コロ状態、しかも仕組まれた事だったので、状況は全く違うと思います。

旦那の浮気と本当は同系列じゃないと思うんですが、旦那を許す気持ちになれたのなら、まあ、正解・・・だと思ったものの、これでまたさらにぐちゃぐちゃになってます。涙。

それにしても、男性というのは勝手なんですよね・・・。汗。自分は浮気して許してもらったのに、妻の浮気(未遂)には寛大になれないなんて。大汗。

しかも自分が先にしたのに、何なのでしょう。汗。という訳で、このドラマの面白い点は、ただの不倫恋愛ものではなく、サスペンス、謎解き、キワモノのドロドロまで盛り沢山の内容だという事。

スト―リーの影に一杯陰謀が仕組まれています。もうすっかりどっぷりハマりきってます。毎週、翌週が楽しみなドラマというのはそうそうありませんから、貴重です。最後の最後まで目が離せません。